卓球のナックルとは?打ち方のコツは?

卓球のナックルとは?打ち方のコツは?

卓球といえば様々な回転を駆使して欺し、読むのが卓球の面白いところ。ただ回転をかけるだけが脳では勝つことができません。状況に応じて回転をかけないことも必要になってきます。今回はナックル(無回転ボール)にについて、その強みや欠点、打ち方のコツなどを理解して紹介します。

 

ナックルとは?その効果は?

ナックルボールというのは無回転・ほぼ無回転のボールのことです。

 

卓球は回転が命みたいなスポーツですが、あえて回転がほとんどかかっていないボールを出すことで相手のミスを誘うこともあります。

 

卓球におけるラリーのほとんどは回転のボールなので、相手も大抵そのつもりで返球してきます。そこを意表をついてナックルボールを出したりすれば球が飛び過ぎたり、落ちてしまったりするのです。

 

ナックルサーブの有用性

下回転サーブに見せかけて、無回転サーブを出すテクニックもあります。これはもし相手が下回転だと思いツッツキで処理した場合ボールが浮いてくるのでチャンスボールになります。

 

ただし球に意図的に回転をかけないというのはいざやろうとしたら非常に難しく、難易度の高いテクニックです(さらに下回転に見せかけるとなるとなおさら)。繰り返しの練習が必要になります。

ナックルボールの見極め方
回転がかかっていないということは外界の影響を受けやすいということです。その為ナックルボールは温度や湿度、空調などの影響をうけて不規則な揺れをしながら飛んでくることあります。

 

ナックルの打ち方は?

ただ無回転のサーブというのはなかなか意識して出すことは難しいです。球にはどうしても回転はかかりますからね。

 

ラリー中

ラリー中のナックルはあまり擦ると回転がかかりますので、スマッシュのようにはたくイメージ。プッシュ打法が基本です。スマッシュというのも実はナックルボールに近いです。決定打ではありますが、回転があまりかかっていないので、台から離れれば離れるほど急激に速度が減衰していきますよね。

 

サービス

サービスのナックルはほんの少しだけ下回転をかけるよう意識してみてください。前にすすむ力と相殺しあって無回転になります。下回転に見せかけたいので、打つ瞬間に体を沈める動きをするのも大切です。

<スポンサーリンク>

関連ページ

打ち方の種類
卓球の打ち方(打法)の種類を紹介しています。卓球には様々な打法があり、戦いを有利に進める為には状況や狙いに応じてそれを使い分ける必要がでてきます。各打法の性質を理解しておきましょう。
回転の種類
卓球というスポーツを特徴付ける最大の要素はやはり回転といえます。打球には様々な種類の回転があり、その回転への対応が試合の勝敗を分けていくことになります。
ストップ
ドライブやスマッシュのような派手さこそないものの卓球におけるストップというのは試合を有利に進める上で非常に重要な技術になります。今回はストップとは何か、その性質や打ち方などストップに関することを紹介しています。
チキータ
卓球における台上技術チキータは現代卓球における王道テクニックかつ必須テクニックです。その打球の性質や打ち方、コツを理解して積極的に練習するようにしましょう。
フリック
卓球の台上処理技術であるフリックはサーブのレシーブ技術の一つとしてプロの選手は当たり前のように体得しています。その技術レベルが高いほど次の攻撃チャンスになりやすいので、その打ち方のコツ・ポイントなどを知っておきましょう。
裏面打法
裏面打法(うらめんだほう、りめんだほう)とはペンラケットの裏面に張ったラバーで返球する方法のことです。ペンホルダーならばペン裏にラバーを貼るのが当たり前になった現代卓球では、習得必須なテクニックとなります。今回はその裏面打法のコツやポイントを紹介したいと思います。
ツッツキ
卓球のツッツキは基本中の基本の返球方法ですが、どうしても浮いてしまい相手のチャンスボールになってしまうという人が多いようです。今回はツッツキを浮かせないでかつしっかりと切るコツを紹介したいと思います。
エッジボール
エッジボールに関して二つの質問に対する回答です。1つはエッジボールをしたらどうして謝るのか、2つ目はエッジボールを狙って得点を積み重ねることはできるのかというものです。
ロビング
ロビングはただの時間稼ぎとも思われがちですが、変則的な回転をかけることで相手のミスを誘ったり、攻撃のチャンスを作ったりすることができます。今回はロビングにおける回転のかけ方やコツについて紹介しています。
ナックルのレシーブ方法
卓球におけるナックルボールはレシーブ処理が難しく返球ミスで相手のチャンスボールになってしまうことが多いです。ナックルボールは無回転のボールですので回転がかかっていると思いこみ切って返球したりすると、大きく飛び出てしまったり逆に落ちてしまったりするのです。ではどのようにレシーブするのが正解なのでしょうか。
スマッシュのレシーブ方法
卓球における決定打となるスマッシュ。打たれれば返すのは容易ではありません。ですが諦めなければならないわけではなく、ロビングで返してチャンスにつなげたり、ブロックで捌くこともできます。今回はその難しいスマッシュの返し方「ロビング」と「ブロック」について解説しています。

 
HOME ルール 打ち方 上達・練習法 ラケット ラバー