卓球のフリックとは?打ち方やコツは?

卓球のフリックとは?打ち方やコツは?

卓球の台上処理技術であるフリックはサーブのレシーブ技術の一つとしてプロの選手は当たり前のように体得しています。その技術レベルが高いほど次の攻撃チャンスになりやすいので、その打ち方のコツ・ポイントなどを知っておきましょう。

 

フリックとは

台上のボールをトップスピンをかけて払う技術のことです。下回転の短いネット前サービスのレシーブとして多用します。レシーブ側が先手をとるための重要技術になりますので上級を目指すのなら習得は必須です。

 

フリックの打ち方・コツ

打ち方のポイントや練習方法のポイントとしては以下を参考にしてください。

 

フリックのポイント
  • フォア前・バック前にサーブを出してもらいフリックをする練習をしよう。
  • インパクトはネットより高い打点で、バウンドの頂点よりも少し前を意識しよう。
  • ラケットの角度は下回転の切れによって臨機応変に変えよう。
  • 肘をやわらかく、コンパクトにスイングするようにしよう。

 

フリックでは腕よりも手首の向きや動きに注意してください。例えば下回転のボールに対しては、ラケットの角度を少し上向きにして手首を外側に折って、ボールを乗せるようにして払うのがポイントです(その為昔は単に「払い」と言っていました)。ラケットの角度は下回転の強さに合わせて調整してください。

 

まずはこのように角度を付けて乗せるだけのフリックを習得してみてください。これができるようになれば、こするフリックや弾くフリックというように段階的に習得していくのがベターです。

 

 

表ラバーはフリックが強み

表ラバーというのはコントロールが難しくあまり初心者向けではありませんが、相手の回転を受けにくいというメリットがあります。そのため強い回転がかかっている相手のサーブをフリックで払うという戦術も積極的にとることができます。

<スポンサーリンク>

関連ページ

打ち方の種類
卓球の打ち方(打法)の種類を紹介しています。卓球には様々な打法があり、戦いを有利に進める為には状況や狙いに応じてそれを使い分ける必要がでてきます。各打法の性質を理解しておきましょう。
回転の種類
卓球というスポーツを特徴付ける最大の要素はやはり回転といえます。打球には様々な種類の回転があり、その回転への対応が試合の勝敗を分けていくことになります。
ストップ
ドライブやスマッシュのような派手さこそないものの卓球におけるストップというのは試合を有利に進める上で非常に重要な技術になります。今回はストップとは何か、その性質や打ち方などストップに関することを紹介しています。
チキータ
卓球における台上技術チキータは現代卓球における王道テクニックかつ必須テクニックです。その打球の性質や打ち方、コツを理解して積極的に練習するようにしましょう。
ナックル
卓球といえば様々な回転を駆使して欺し、読むのが卓球の面白いところ。ただ回転をかけるだけが脳では勝つことができません。状況に応じて回転をかけないことも必要になってきます。今回はナックル(無回転ボール)にについて、その強みや欠点、打ち方のコツなどを理解して紹介します。
裏面打法
裏面打法(うらめんだほう、りめんだほう)とはペンラケットの裏面に張ったラバーで返球する方法のことです。ペンホルダーならばペン裏にラバーを貼るのが当たり前になった現代卓球では、習得必須なテクニックとなります。今回はその裏面打法のコツやポイントを紹介したいと思います。
ツッツキ
卓球のツッツキは基本中の基本の返球方法ですが、どうしても浮いてしまい相手のチャンスボールになってしまうという人が多いようです。今回はツッツキを浮かせないでかつしっかりと切るコツを紹介したいと思います。
エッジボール
エッジボールに関して二つの質問に対する回答です。1つはエッジボールをしたらどうして謝るのか、2つ目はエッジボールを狙って得点を積み重ねることはできるのかというものです。
ロビング
ロビングはただの時間稼ぎとも思われがちですが、変則的な回転をかけることで相手のミスを誘ったり、攻撃のチャンスを作ったりすることができます。今回はロビングにおける回転のかけ方やコツについて紹介しています。
ナックルのレシーブ方法
卓球におけるナックルボールはレシーブ処理が難しく返球ミスで相手のチャンスボールになってしまうことが多いです。ナックルボールは無回転のボールですので回転がかかっていると思いこみ切って返球したりすると、大きく飛び出てしまったり逆に落ちてしまったりするのです。ではどのようにレシーブするのが正解なのでしょうか。
スマッシュのレシーブ方法
卓球における決定打となるスマッシュ。打たれれば返すのは容易ではありません。ですが諦めなければならないわけではなく、ロビングで返してチャンスにつなげたり、ブロックで捌くこともできます。今回はその難しいスマッシュの返し方「ロビング」と「ブロック」について解説しています。

 
HOME ルール 打ち方 上達・練習法 ラケット ラバー