卓球表ソフトの戦術

卓球表ソフトの戦術

卓球においてラバーに表ソフトを使っている場合の戦術の考え方についてアドバイスしています。

 

表ソフトでの戦術

表ソフトのラバータイプにはスピード系、回転系、変化形など複数の種類があります。

 

スピード系の場合

スピード系表ソフトは粒の特性上、インパクトの瞬間即球が離れるので球速がでます。そのため表を使う選手の多くはスマッシュ多用のバリバリの攻撃型。

 

ただ表ソフトというのは威力が出る分、コントロールが難しいという弱点があります。球が早くに離れるということは、その分修正がききにくいということですからね。

 

なので戦術としては、コントロールのしやすい裏ラバーによりゆさぶりをかけつつ、それを嫌がって表ラバー側に返してきたところをズドン!と威力のあるスマッシュで決める・・・という方法をとる選手が多いと思います。

 

表ラバーのメリットを活かす

また表ラバーは相手の回転を受けにくいというメリットがあります。そのため台上の攻めに強く、相手のサーブをフリックで払うという戦術も積極的にとることができます。むしろこの速攻こそ表ソフトの真骨頂なので、表使いになると決めた人はフリックの練習をたくさんするようにしましょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ラバー(スポンジ)の厚さの影響
卓球のラバーのスポンジには様々な厚さ(薄・中・厚・特厚・MA)があります。今回はその厚さによって打球や戦術にどのような変化があるのかということを紹介したいと思います。
ラバーの種類ごとの特徴
卓球のラバーの種類は大きくわけて裏ソフト・表ソフト・粒高・アンチソフトの4つに分類されます。それぞれの特徴を紹介したいと思います。
失敗しないラバーの貼り方のコツ
卓球のラバー貼りに苦戦している、失敗してしまうという方へ、ラバーの貼り方のコツを紹介しています。
裏面打法に合うラバー
裏面打法に合うラバーを教えてくださいという質問が多いので、アドバイスしておきます。

 
HOME ルール 打ち方 上達・練習法 ラケット ラバー