裏面打法に合うラバー

裏面打法に合うラバー

裏面打法に合うラバーを教えてくださいという質問が多いので、アドバイスしておきます。

 

中ペン裏面に適する条件のラバーとは

裏面打法に特化した中ペン裏面に適したラバーの条件は基本的には軽量なことです。

 

本来片面のペンラケットの両面にラバーを張るわけなので、できるだけ軽量なものが望ましいです。ペンラケットの強みであるドライブ力をできるだけ残すためです。

 

ただどの道ペン持ちで両面ラバーのラケットを振りまわすのはかなりの筋力がいるので、筋トレは必須です。

 

その他の条件

裏面打法使いといってもプレイスタイルには違いがあります。ワンハオ選手のように主戦武器とするのか、マリン選手やキョキン選手のようにあくまで主戦武器であるフォアハンドへの繋ぎとして使うかによって求められるラバーは違ってきます。

 

ワンハオ選手タイプ

⇒硬いラバー。コントロールがしやすい弾道が安定しやすいラバー。

 

マリン・キョキン選手タイプ

⇒柔らかいラバー。非粘着の高弾性ラバー。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ラバー(スポンジ)の厚さの影響
卓球のラバーのスポンジには様々な厚さ(薄・中・厚・特厚・MA)があります。今回はその厚さによって打球や戦術にどのような変化があるのかということを紹介したいと思います。
ラバーの種類ごとの特徴
卓球のラバーの種類は大きくわけて裏ソフト・表ソフト・粒高・アンチソフトの4つに分類されます。それぞれの特徴を紹介したいと思います。
表ソフトの戦術
卓球においてラバーに表ソフトを使っている場合の戦術の考え方についてアドバイスしています。
失敗しないラバーの貼り方のコツ
卓球のラバー貼りに苦戦している、失敗してしまうという方へ、ラバーの貼り方のコツを紹介しています。

 
HOME ルール 打ち方 上達・練習法 ラケット ラバー