卓球でノーバウンドでの返球はルール上あり?

卓球でノーバウンドでの返球はルール上あり?

卓球初心者の方によくある質問として、返球方法として相手のボールをノーバウンドで返すのはルール上OKなの?というものがあります。テニスはノーバウンド返球がOKなわけですが、卓球でもOKなのでしょうか。

 

卓球でノーバウンドはノー!

結論からいってしまえばノーバウンドでの返球はルール上反則となります。やってしまえば相手の得点になるので注意してください。

 

返球は必ず自分のコートで1バウンドしてからです。

 

というか卓球は球速が早いので、ノーバウンドで返球するのは相当難しいと思います。テニスのように広いコートを使っているわけではありませんからね。

 

ただアウトボールに関しては別です。ボールが自分のコートにバウンドせずに出てしまった時点でこちらの得点ですので、この時点で打っても問題ありません。

 

ただこれはあくまでコート外での話なので、明らかにアウトだろうと思うボールでもコート内ではとってはいけません。

 

卓球は強烈なカーブをかけることができるので、アウトになるだろうと思われるボールでもインすることがあります。

 

ゼロバウンド

ノーバウンド返球とは違う話になりますが、返球ボールが相手コートでバウンドしない(ゼロバウンド)、という状況が非常に希に起こります。例えば以下の中国の樊振東選手とフランスのGAUZY Simon選手の試合で起こった一幕です。

 

 

Gauzy選手の返球ボールがネットにかかり、樊振東側コートにワンバウンド後サイドから落下。普通の選手だったら取りこぼしてしまうようなボールですが、樊振東は即座に反応し台下からボールを拾います。

 

この時の力加減がまた絶妙で、ボールの頂点と台平面の高さが限りなく同じになった為にゼロバウンドが再現されました。もちろんこれは入れたほうの得点になります。

 

あまりのすご技に得点を獲られたGauzy選手も拍手を送っています(´∀`)

 

 

タイミングと運もありますがこういう「スーパープレイ」がいつ起こるかわからないのも卓球の面白いところですね。しかし樊振東選手はこの時高校生の年齢で、すでに海外選手には負けなしになっています。怪物か!


<スポンサーリンク>

関連ページ

テニスと卓球の違い
卓球とテニス。一見して似たような性質な球技のように思えますが、よくよく中身を見てみると実はかなり違うことがわかります。今回は卓球とテニスの具体的な違いについて、サーブの特性や重視されるスキルといった面から解説しています。
世界の卓球の競技人口・ランキング
卓球は世界中で人気のあるスポーツですが、本格的な卓球の競技人口はどれくらいいるのでしょうか。また卓球人口が多い国をランキングにしたら日本はどのくらいの位置になるのでしょうか。
ダブルスのルール
それなりに打てるようになってきた人でもダブルスのルールはわかりにくいという方は結構おられます。確かにダブルスは基本的にはシングルスとルールは変わりませんが、いくつか適用される条件があるので注意が必要です。
ネットの高さにまつわる話
卓球のネットの高さについてのお話です。当たり前すぎてネットの高さのことなんて気にしたこともない人も多いと思いますが、その規定の変換は選手のプレイスタイルにも影響を与えてきたことはご存じでしょうか?
ボールの色の規定
卓球のボールの色についてのお話です。卓球のボールといえば皆さん何色を思い浮かべますか?大抵は白色かオレンジ色だと思いますが、どちらが公式なのか規定はあるのでしょうか。
ユニフォームに規定はあるのか
近年の卓球のユニフォームは昔と比べてずいぶんおしゃれで格好良いデザインのものが増えましたよね。一見自由なようにも見えますが、わりと規定により自由が利かない部分もあります。
ラケットの大きさに規定・ルールがない?
卓球の用具にはボールの大きさは40mm、ネットの高さは15.25cmみたいな感じで大体サイズ規定があります。ただラケットに関しては大きさに特別なルール・規定がないことをご存じでしょうか。
世界ランキングの決め方
卓球に限らず、大抵のスポーツでは国際大会で活躍する選手の強さの指標として「世界ランキング」がありますね。ただランキングを決める基準はスポーツによって異なります。今回は卓球の世界ランキングの決め方を紹介したいと思います。
促進ルールってどんなもの?
卓球の促進ルールについて内容を詳しく解説しています。促進ルールってどんなルールなの?何のためのルールなの?と疑問に思っている方は参考にしてください。
ボールの材質変更の影響
卓球ボールの材質変更に関するお話です。材質がセルロイドからプラスチックに変わったことで、選手にどのような影響があるのでしょうか。

 
HOME ルール 打ち方 上達・練習法 ラケット ラバー