卓球の裏面打法とは?打ち方やコツは?

卓球の裏面打法とは?打ち方やコツは?

裏面打法(うらめんだほう、りめんだほう)とはペンラケットの裏面に張ったラバーで返球する方法のことです。ペンホルダーならばペン裏にラバーを貼るのが当たり前になった現代卓球では、習得必須なテクニックとなります。今回はその裏面打法のコツやポイントを紹介したいと思います。

 

裏面打法誕生の経緯

昔はペンラケットの裏面にラバーを張ることはなかったのですが、シェイクラケットの台頭でペンホルダーのバックハンドの弱点が露呈しだし、その解決策として編み出されたのが裏面打法です。

 

中国の劉国梁が裏面打法を本格的に取り入れ実績を残すことにより急速に普及していきました。トッププレイヤーの大半がシェークハンドが占めるようになり「現代卓球ではペンホルダーでは勝てない」なんていわれていた時期がありましたが、彼が1999年の世界選手権でチャンピオンになることでその固定観念を覆しました。

 

その後も裏面打法を取り入れた王皓がアテネ・北京・ロンドン五輪で銀メダル、馬琳が北京五輪で金メダルを獲得するなど華々しい実績をあげています。

 

裏面打法のメリット

裏面打法を体得できれば、本来ペンホルダーの死角であったバック側から、ドライブ・カウンター・フリックなど多彩なレシーブを決めることもできます。

 

編み出された当初は、バック側への下回転系のボールに対するバックハンドドライブ攻撃の打法として使われていた程度でしたが、技術の進歩に伴いシェークハンドのバックハンドと遜色ない機能性を有するテクニックとして用いられるようになっています。

 

裏面打法のデメリット

片面ペンと違い両面にラケットを貼ることになるので重量が増し、より筋力や体力が求められるようになります。重さとしてはシェークとあまり変わりませんが、シェークが掌全体でグリップを握るのに対して、ペンの場合は主に指でグリップを握ることになるので、体感としてはより重く感じるはずです。

 

裏面打法のコツ・ポイント

ただし裏面打法はコントロールが難しく、体得するには練習量・経験によりコツをつかむ必要があります。

 

裏面打法のポイント
  • 裏面打法時は軽く前傾姿勢をとる。
  • ラケットヘッドを斜め下に向ける。
  • バウンド直後に面の角度を正確に合わせて返球する練習を繰り返す
  • 裏面が上手い選手のスイングを真似する。

 

裏面打法で有名な選手から学ぼう

裏面打法で有名な選手としてはもう引退してしまいましたが、中国の王皓選手がいますね。彼は裏面打法を完全な域までに極めていて、本来ならばペンラケットの弱点であるバックハンドが非常に強力な武器になっています。

 

カウンター・ブロック・フリックと彼の裏面打法の技術は非常に多彩です。裏面打法を勉強したいのなら彼の動画は絶対に見るべきですね。

 

▼王皓選手の裏面レシーブ▼

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

打ち方の種類
卓球の打ち方(打法)の種類を紹介しています。卓球には様々な打法があり、戦いを有利に進める為には状況や狙いに応じてそれを使い分ける必要がでてきます。各打法の性質を理解しておきましょう。
回転の種類
卓球というスポーツを特徴付ける最大の要素はやはり回転といえます。打球には様々な種類の回転があり、その回転への対応が試合の勝敗を分けていくことになります。
ストップ
ドライブやスマッシュのような派手さこそないものの卓球におけるストップというのは試合を有利に進める上で非常に重要な技術になります。今回はストップとは何か、その性質や打ち方などストップに関することを紹介しています。
チキータ
卓球における台上技術チキータは現代卓球における王道テクニックかつ必須テクニックです。その打球の性質や打ち方、コツを理解して積極的に練習するようにしましょう。
ナックル
卓球といえば様々な回転を駆使して欺し、読むのが卓球の面白いところ。ただ回転をかけるだけが脳では勝つことができません。状況に応じて回転をかけないことも必要になってきます。今回はナックル(無回転ボール)にについて、その強みや欠点、打ち方のコツなどを理解して紹介します。
フリック
卓球の台上処理技術であるフリックはサーブのレシーブ技術の一つとしてプロの選手は当たり前のように体得しています。その技術レベルが高いほど次の攻撃チャンスになりやすいので、その打ち方のコツ・ポイントなどを知っておきましょう。
ツッツキ
卓球のツッツキは基本中の基本の返球方法ですが、どうしても浮いてしまい相手のチャンスボールになってしまうという人が多いようです。今回はツッツキを浮かせないでかつしっかりと切るコツを紹介したいと思います。
エッジボール
エッジボールに関して二つの質問に対する回答です。1つはエッジボールをしたらどうして謝るのか、2つ目はエッジボールを狙って得点を積み重ねることはできるのかというものです。
ロビング
ロビングはただの時間稼ぎとも思われがちですが、変則的な回転をかけることで相手のミスを誘ったり、攻撃のチャンスを作ったりすることができます。今回はロビングにおける回転のかけ方やコツについて紹介しています。
ナックルのレシーブ方法
卓球におけるナックルボールはレシーブ処理が難しく返球ミスで相手のチャンスボールになってしまうことが多いです。ナックルボールは無回転のボールですので回転がかかっていると思いこみ切って返球したりすると、大きく飛び出てしまったり逆に落ちてしまったりするのです。ではどのようにレシーブするのが正解なのでしょうか。
スマッシュのレシーブ方法
卓球における決定打となるスマッシュ。打たれれば返すのは容易ではありません。ですが諦めなければならないわけではなく、ロビングで返してチャンスにつなげたり、ブロックで捌くこともできます。今回はその難しいスマッシュの返し方「ロビング」と「ブロック」について解説しています。

 
HOME ルール 打ち方 上達・練習法 ラケット ラバー