卓球ボールの材質変更の影響

卓球ボールの材質変更の影響

卓球ボールの材質変更に関するお話です。材質がセルロイドからプラスチックに変わったことで、選手にどのような影響があるのでしょうか。

 

材質が変更された理由

卓球ボールの材質は現在はプラスチックボールとなっています。かつてはセルロイド製でしたがプラスチック製に変更になりました。変更理由は以下の通りです。

 

プラスチック材質への変更理由
  • セルロイドは可燃性が高く、製造工程中に摩擦などで発火しやすい。
  • セルロイドは耐久性が低く、光による経年劣化がある。
  • セルロイドの安定供給が難しく、低品質なものが出回っている。
  • 可燃性の高さを理由に飛行機での運送ができない可能性がある。
  • 国際卓球連盟がIOCに卓球ボールの材質を買えるように勧告を受けた。

 

ボールの材質がセルロイドからプラスチックに変わったことにより、以下のような使用感の変化が報告されています。

 

  • ボールが割れにくくなる
  • 球離れが早くなる
  • オーバーしやすくなる
  • スピードや回転量が落ちラリーが続きやすくなる
  • 回転量が落ちたことでカット主戦型の選手が不利になった

 

回転量が落ちるのはプラスチックボールはガラス盤のように表面がつるつるしておりボールとラケットの摩擦力を減らしているからです。セルロイドの球は表面に非常に細かい凹凸があったので、強い回転かかかりました。

 

この変更でボールが飛ばない、回転がかかりにくいということで選手からの評判はあまり良くありません。まあ慣れと共に不満もなくなっていくでしょうけど・・・。

 

ただとにかく回転重視のカットマンにとってはこの改正はかなりの痛手のようです。韓国のチュセヒョク選手いわく「かつては50の力を入れていたのを、この改正で100の力を入れなければならなくなった」そうな・・・。

 

うーん。ただでさえカットマンが少ないのに、ますますカットマンになろうという人がいなくなりそう…。

<スポンサーリンク>

関連ページ

テニスと卓球の違い
卓球とテニス。一見して似たような性質な球技のように思えますが、よくよく中身を見てみると実はかなり違うことがわかります。今回は卓球とテニスの具体的な違いについて、サーブの特性や重視されるスキルといった面から解説しています。
世界の卓球の競技人口・ランキング
卓球は世界中で人気のあるスポーツですが、本格的な卓球の競技人口はどれくらいいるのでしょうか。また卓球人口が多い国をランキングにしたら日本はどのくらいの位置になるのでしょうか。
ノーバウンドでの返球はルール上あり?
卓球初心者の方によくある質問として、返球方法として相手のボールをノーバウンドで返すのはルール上OKなの?というものがあります。テニスはノーバウンド返球がOKなわけですが、卓球でもOKなのでしょうか。
ダブルスのルール
それなりに打てるようになってきた人でもダブルスのルールはわかりにくいという方は結構おられます。確かにダブルスは基本的にはシングルスとルールは変わりませんが、いくつか適用される条件があるので注意が必要です。
ネットの高さにまつわる話
卓球のネットの高さについてのお話です。当たり前すぎてネットの高さのことなんて気にしたこともない人も多いと思いますが、その規定の変換は選手のプレイスタイルにも影響を与えてきたことはご存じでしょうか?
ボールの色の規定
卓球のボールの色についてのお話です。卓球のボールといえば皆さん何色を思い浮かべますか?大抵は白色かオレンジ色だと思いますが、どちらが公式なのか規定はあるのでしょうか。
ユニフォームに規定はあるのか
近年の卓球のユニフォームは昔と比べてずいぶんおしゃれで格好良いデザインのものが増えましたよね。一見自由なようにも見えますが、わりと規定により自由が利かない部分もあります。
ラケットの大きさに規定・ルールがない?
卓球の用具にはボールの大きさは40mm、ネットの高さは15.25cmみたいな感じで大体サイズ規定があります。ただラケットに関しては大きさに特別なルール・規定がないことをご存じでしょうか。
世界ランキングの決め方
卓球に限らず、大抵のスポーツでは国際大会で活躍する選手の強さの指標として「世界ランキング」がありますね。ただランキングを決める基準はスポーツによって異なります。今回は卓球の世界ランキングの決め方を紹介したいと思います。
促進ルールってどんなもの?
卓球の促進ルールについて内容を詳しく解説しています。促進ルールってどんなルールなの?何のためのルールなの?と疑問に思っている方は参考にしてください。

 
HOME ルール 打ち方 上達・練習法 ラケット ラバー