失敗しないラバーの貼り方のコツ

失敗しないラバーの貼り方!コツを抑える!

卓球のラバー貼りに苦戦している、失敗してしまうという方へ、ラバーの貼り方のコツを紹介しています。

 

ラバーの貼り方のコツ・ポイントまとめ

●ラバーを張る時は十分なスペースで、誰も邪魔しない場所を選ぶようにしよう。

 

●接着剤は使う前に必ず振ってから使うようにしよう。

 

●ハサミは切れ味が良い裁ちばさみを使うようにしよう。大きさは中型が切りやすい。

 

●塗りムラがないようにしよう。ムラがあるとラバーがガタガタになり打球に変な影響を与えてしまう。

 

●ローラーを使えばムラがでにくいが、ローラーにあまり力を入れすぎないように!力を入れすぎるとラバーが伸びてしまい、あとで縮んできてしまう。

 

●接着剤を塗ったら乾くまでちゃんと待つようにしよう。乾くまでの時間はその日の温度や湿度によって違いがでることを知っておこう。

 

●急いでいる時はドライヤーを使って乾かそう。ただ熱でゴムが伸びることがあるので、送風モードで乾かすようにしよう。扇風機を使ってもよし。

 

以上ラバーの貼り方のコツについてポイントを紹介させていただきました。参考にしていただければ幸いです。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ラバー(スポンジ)の厚さの影響
卓球のラバーのスポンジには様々な厚さ(薄・中・厚・特厚・MA)があります。今回はその厚さによって打球や戦術にどのような変化があるのかということを紹介したいと思います。
ラバーの種類ごとの特徴
卓球のラバーの種類は大きくわけて裏ソフト・表ソフト・粒高・アンチソフトの4つに分類されます。それぞれの特徴を紹介したいと思います。
表ソフトの戦術
卓球においてラバーに表ソフトを使っている場合の戦術の考え方についてアドバイスしています。
裏面打法に合うラバー
裏面打法に合うラバーを教えてくださいという質問が多いので、アドバイスしておきます。

 
HOME ルール 打ち方 上達・練習法 ラケット ラバー