卓球のペンとシェークの違いは?有利・不利

卓球のペンとシェークの違いは?有利・不利

卓球のペンラケットとシェークラケットの違いについてわかりやすくまとめています。卓球を始める段階でどちらにしようか迷う人は多いですが、両者の有利不利、特徴について知っておくことといいでしょう。

 

ペンとシェークの違いまとめ

ミドルの処理について

ミドルにおいてシェークは打球面が正面を向きにくいのでレシーブしにくい。それに対してペンは打球面が正面を向きやすいのでレシーブしやすい。

 

バックサイドの処理について

片面ペンの場合はバックへの切り返しがしづらく、バックサイドが弱点となる。そのためシェークハンドにバックを集中的に狙われて不利の局面になることが多い。

 

フォアハンドの威力について

ペンはシェークよりもラケットが軽いので、フォアハンドの威力が強力。シェークハンドで威力を出すには相応の筋力が必要になる。

 

台上処理について

ペンは手首の力を利用した台上処理がやりやすい。台上で主導権を握れれば相手よりも先手をうちやすくなる。

 

 

ざっと挙げればこんな感じです。どちらを使っていくかは実際に両方使っていて自分に合っていると思った方を使うことをおすすめします。

 

ペンの利点について

現代卓球においては8割方がシェークを利用しており、もはやペンは時代遅れなんて見方もありますが、やはりペンの利点である台上技術の存在は非常に大きいです。

 

現代卓球を21世紀以降の卓球と考えた場合、2004年アテネ、2008年北京の金・銀メダルはペンホルダー、2012年ロンドン銀メダルはペンホルダーです。すでにシェークハンドが席巻していた時代にこの成績ですからペンの利点は間違いなくあるでしょう。

 

・・・とまあペンの利点についての話は長くなるのでこちら【ペンホルダーの利点】の記事で詳しく解説します。今回はペンとシェークの違いについて解説させて頂きました。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ペンラケットのメリット・デメリットとは
現代卓球においては8割方シェークハンドを使用する中、ペンホルダーに有利な点(メリット)はあるのか、という話です。あくまで私個人の考えですが見解をまとめてみましたので参考までにしていただければ幸いです。
ラケットのブレードの厚さと性能
卓球のラケット(ブレード)には様々な厚さがあり、どの程度の厚さのブレードを使うかは個々のプレイスタイルによって異なります。今回は厚さによる性質の違いを紹介したいと思います。
ラケットの寿命
卓球のラケットはどれくらいの寿命があるの?と疑問に思っている方へ。
ラケットの重さは平均どれくらい?
卓球ラケットの重さはスイングスピードに大きく影響します。ラケットの重さの平均はどれくらいなのでしょうか。
粒高に相性のいいラケットとは
粒高は扱いが難しいので、利用人口が少なく用具選びには悩まれる人が多いですよね。今回は粒高と相性の良いラケットが知りたいという方へアドバイスです。

 
HOME ルール 打ち方 上達・練習法 ラケット ラバー