卓球のネットの高さ規定の変遷

卓球のネットの高さ規定の変遷

卓球のネットの高さについてのお話です。当たり前すぎてネットの高さのことなんて気にしたこともない人も多いと思いますが、その規定の変遷は選手のプレイスタイルにも影響を与えてきたことはご存じでしょうか?

 

ネットの高さの改正の経緯

現在でのネットの高さは15.25cmです。ただ1900年代初期にはこれよりも高かったことをご存じでしょうか。昔は現在よりも2cm以上も高い17.15cmもありました。

 

これだけ高いもんなので高くあがったボール以外は強打を打つことが難しく、ひたすら守っていたほうが有利な状況でした。

 

その影響で1935年に行われた第10回の世界選手権では1点とるのに2時間以上かかったなんて記録が残っているそうです。これはもう寝るか帰りますね(笑)

 

そんなこともあり退屈と感じる客が続出したため、国際卓球連盟は卓球離れを懸念してネットの高さを引き下げたのでした。

 

攻撃型の選手の台頭もここから始まります。日本でも当時日本チャンピオンだった守備型選手が、中学生の攻撃型選手に破れるという一幕があったそうです。

 

ラージボール使用の場合

ただしラージボール使用の場合は、改正前とほぼ同じ17.25cmの高さのネットを使用することになります。そのためネットとサポートは17.25cm用のものと15.25cm用のものが売られています。

<スポンサーリンク>

関連ページ

テニスと卓球の違い
卓球とテニス。一見して似たような性質な球技のように思えますが、よくよく中身を見てみると実はかなり違うことがわかります。今回は卓球とテニスの具体的な違いについて、サーブの特性や重視されるスキルといった面から解説しています。
世界の卓球の競技人口・ランキング
卓球は世界中で人気のあるスポーツですが、本格的な卓球の競技人口はどれくらいいるのでしょうか。また卓球人口が多い国をランキングにしたら日本はどのくらいの位置になるのでしょうか。
ノーバウンドでの返球はルール上あり?
卓球初心者の方によくある質問として、返球方法として相手のボールをノーバウンドで返すのはルール上OKなの?というものがあります。テニスはノーバウンド返球がOKなわけですが、卓球でもOKなのでしょうか。
ダブルスのルール
それなりに打てるようになってきた人でもダブルスのルールはわかりにくいという方は結構おられます。確かにダブルスは基本的にはシングルスとルールは変わりませんが、いくつか適用される条件があるので注意が必要です。
ボールの色の規定
卓球のボールの色についてのお話です。卓球のボールといえば皆さん何色を思い浮かべますか?大抵は白色かオレンジ色だと思いますが、どちらが公式なのか規定はあるのでしょうか。
ユニフォームに規定はあるのか
近年の卓球のユニフォームは昔と比べてずいぶんおしゃれで格好良いデザインのものが増えましたよね。一見自由なようにも見えますが、わりと規定により自由が利かない部分もあります。
ラケットの大きさに規定・ルールがない?
卓球の用具にはボールの大きさは40mm、ネットの高さは15.25cmみたいな感じで大体サイズ規定があります。ただラケットに関しては大きさに特別なルール・規定がないことをご存じでしょうか。
世界ランキングの決め方
卓球に限らず、大抵のスポーツでは国際大会で活躍する選手の強さの指標として「世界ランキング」がありますね。ただランキングを決める基準はスポーツによって異なります。今回は卓球の世界ランキングの決め方を紹介したいと思います。
促進ルールってどんなもの?
卓球の促進ルールについて内容を詳しく解説しています。促進ルールってどんなルールなの?何のためのルールなの?と疑問に思っている方は参考にしてください。
ボールの材質変更の影響
卓球ボールの材質変更に関するお話です。材質がセルロイドからプラスチックに変わったことで、選手にどのような影響があるのでしょうか。

 
HOME ルール 打ち方 上達・練習法 ラケット ラバー