卓球ラケットの重さは平均どれくらい?

卓球ラケットの重さは平均どれくらい?

卓球ラケットの重さはスイングスピードに大きく影響します。ラケットの重さの平均はどれくらいなのでしょうか。

 

卓球ラケットの重さの平均

卓球ラケットの重さは

 

  • ラケットの大きさ
  • グリップや板の木材の素材
  • ラバーの厚さ

 

などの要素により変わってきます。様々なラケットやラバーが開発・販売されている昨今ですから、これらの要素はバラバラ。当然重さもバラバラです。

 

ただ平均的な重さはシェークですと180~190くらい。片面ペンなら130~140くらい、ペン裏面ありですと140~150くらいが平均的だと思います。

 

ペンラケットとシェークラケットでも変わってきます。ペンとシェークだとラケットの大きさの点でまずシェークのが重くなります。ペンには片面のみか両面張るかでもまた重さが違ってきますがそれでもシェークのほうが重いでしょう。

 

その為軽いペンラケットはフォアドライブの威力がすさまじく、それを主戦武器として使用する選手が多いです。(キョキン、ユスンミン、マリン選手などなど)

<スポンサーリンク>

関連ページ

ペンとシェークの違いは?有利・不利
卓球のペンラケットとシェークラケットの違いについてわかりやすくまとめています。これら両者の有利不利について知っておけばラケットを選びの役に立つかと思います。
ペンラケットのメリット・デメリットとは
現代卓球においては8割方シェークハンドを使用する中、ペンホルダーに有利な点(メリット)はあるのか、という話です。あくまで私個人の考えですが見解をまとめてみましたので参考までにしていただければ幸いです。
ラケットのブレードの厚さと性能
卓球のラケット(ブレード)には様々な厚さがあり、どの程度の厚さのブレードを使うかは個々のプレイスタイルによって異なります。今回は厚さによる性質の違いを紹介したいと思います。
ラケットの寿命
卓球のラケットはどれくらいの寿命があるの?と疑問に思っている方へ。
粒高に相性のいいラケットとは
粒高は扱いが難しいので、利用人口が少なく用具選びには悩まれる人が多いですよね。今回は粒高と相性の良いラケットが知りたいという方へアドバイスです。

 
HOME ルール 打ち方 上達・練習法 ラケット ラバー