卓球の促進ルール

卓球の促進ルール

卓球の促進ルールについて内容を詳しく解説しています。促進ルールってどんなルールなの?何のためのルールなの?と疑問に思っている方は参考にしてください。

 

促進ルールとは

卓球の試合において、ゲームが長引いた時に適用される試合進行を促進させるためのルールです。試合進行の遅れを防ぐために作られました。

 

促進ルールまとめ
  • 1ゲームが10分たっても終わらない場合に適用されることになります。
  • 促進ルールが適用されればレシーバー側は13回のリターンに成功すれば得点をとれます。そのためサーバー側はその前に攻撃し得点を決めなければなりません。
  • サーブは一本交代になります。
  • 適用されたら残りのゲームは全て促進ルールで行われます。
  • しかし両者のポイントの合計が18点に達した場合には適用されません。
  • 対戦者双方の合意があれば、10分経過していなくても促進ルールを適用することができます。
  • 10分たてば促進ルールの適用が審判から宣告されます。
  • プレイ中に制限時間に達したら審判によりプレーが中断されルール適用が宣言されます。
  • 通常卓球の1ゲームというのは5分程度で終わることが多いので、実際に促進ルールが適用されることは多くありません。
  • 促進ルールが適用されるのは守備型vs守備型の対戦でお互いが守りの姿勢になった時が多いです。
  • 1936年に開かれた第10回世界選手権では1ゲームとるのに2時間かかったという記録もあるそうです。

 

この促進ルールはカットマン同士の対決で適用されることが多いです。

 

▼促進ルールの適用例▼

 

通常卓球の試合はどんなに長引いても1時間程度ですので、試合進行もその前提で進められます。ところがカットマン同士の試合の場合どちらも守備型のスタイルなので、促進ルールを適用しないとなかなかポイントが決まらず、試合が長くなりすぎて進行に支障が出るのです。

<スポンサーリンク>

関連ページ

テニスと卓球の違い
卓球とテニス。一見して似たような性質な球技のように思えますが、よくよく中身を見てみると実はかなり違うことがわかります。今回は卓球とテニスの具体的な違いについて、サーブの特性や重視されるスキルといった面から解説しています。
世界の卓球の競技人口・ランキング
卓球は世界中で人気のあるスポーツですが、本格的な卓球の競技人口はどれくらいいるのでしょうか。また卓球人口が多い国をランキングにしたら日本はどのくらいの位置になるのでしょうか。
ノーバウンドでの返球はルール上あり?
卓球初心者の方によくある質問として、返球方法として相手のボールをノーバウンドで返すのはルール上OKなの?というものがあります。テニスはノーバウンド返球がOKなわけですが、卓球でもOKなのでしょうか。
ダブルスのルール
それなりに打てるようになってきた人でもダブルスのルールはわかりにくいという方は結構おられます。確かにダブルスは基本的にはシングルスとルールは変わりませんが、いくつか適用される条件があるので注意が必要です。
ネットの高さにまつわる話
卓球のネットの高さについてのお話です。当たり前すぎてネットの高さのことなんて気にしたこともない人も多いと思いますが、その規定の変換は選手のプレイスタイルにも影響を与えてきたことはご存じでしょうか?
ボールの色の規定
卓球のボールの色についてのお話です。卓球のボールといえば皆さん何色を思い浮かべますか?大抵は白色かオレンジ色だと思いますが、どちらが公式なのか規定はあるのでしょうか。
ユニフォームに規定はあるのか
近年の卓球のユニフォームは昔と比べてずいぶんおしゃれで格好良いデザインのものが増えましたよね。一見自由なようにも見えますが、わりと規定により自由が利かない部分もあります。
ラケットの大きさに規定・ルールがない?
卓球の用具にはボールの大きさは40mm、ネットの高さは15.25cmみたいな感じで大体サイズ規定があります。ただラケットに関しては大きさに特別なルール・規定がないことをご存じでしょうか。
世界ランキングの決め方
卓球に限らず、大抵のスポーツでは国際大会で活躍する選手の強さの指標として「世界ランキング」がありますね。ただランキングを決める基準はスポーツによって異なります。今回は卓球の世界ランキングの決め方を紹介したいと思います。
ボールの材質変更の影響
卓球ボールの材質変更に関するお話です。材質がセルロイドからプラスチックに変わったことで、選手にどのような影響があるのでしょうか。

 
HOME ルール 打ち方 上達・練習法 ラケット ラバー